MENU

薬剤師の求人転職サイトのマイナビ薬剤師はコンサルタントの質の高さが人気

薬剤師が転職する際に、求人転職サイトを利用するのが主流になっています。
薬剤師年収!薬剤師初任給から在宅医療の薬剤師まで薬剤師給料と仕事内容で就職する方法
薬剤師専門の転職サイトは沢山ありますが、2年連続で、ご利用者満足度1位を獲得しているのが、マイナビ薬剤師です。
マイナビ薬剤師は、現在、薬剤師の間でもっとも注目されている薬剤師の求人転職サイトです。
薬剤師年収・薬剤師給料と仕事内容で就職を決めないと薬剤師の資格が泣きます

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバー!

調剤薬局やドラッグストア、病院だけでなう、CRA(臨床開発モニター)やCRC(治験コーディネーター)、製薬会社など、一般企業への転職サポートも得意だから安心ですよね・・・

詳細はコチラ

多くの方に支持されているマイナビ薬剤師には、人気の理由があります。
その一つに、コンサルタントの質の高さがあります。
どんなに知名度が高く、多くの求人情報を揃えている転職サイトでも、担当のコンサルタントが信頼できる方でなければ、転職を成功させる事ができません。
転職が成功できるかは、コンサルタントの手にかかっていると言っても過言ではありません。
マイナビ薬剤師では、コンサルタントの全員の顔写真付きのプロフィールを、サイトに掲載しています。
プロフィールには、利用者の口コミ評価も公開されているので、その自信の程がわかります。
皆さんキャリアがあり、薬剤師の業界に精通している方ばかりですから、安心して転職活動をサポートしてもらう事ができます。

 

そして、マイナビ薬剤師には全国の求人情報が掲載されていて、仕事内容や経験、年収など、こだわりのある求人検索ができるんです。
条件に合った求人検索が出来る事で、効率良く希望の条件にあった職場を探す事ができます。
それに、なんといっても嬉しいのが、一般に公開されていない、優良な求人を沢山揃えているところです。
職場の雰囲気、人間関係、評判など、知りたい情報を出来る限り事前に得る事ができるところも、人気の一つです。

 

マイナビ薬剤師を利用すれば、気になる求人情報を見つけた時には、コンサルタントが利用者に代わって、面接のセッティング、職場見学の日程など、すべてを行ってくれます。
勤務条件の交渉や、退職交渉、内定した職場の辞退など、自分で行うのは困難な事も、コンサルタントにお任せする事ができます。

 

さらに、マイナビ薬剤師では、セミナーやイベント、相談会も行っていますから、スキルアップする事もできますし、イベントを通していろいろな人と知り合う事ができます。
モバイルサイトもありますから、移動中でも、新着情報をいつでも確認する事ができます。

 

このように、ご利用者満足度1位のマイナビ薬剤師なら、知識と経験のあるコンサルタントが、ドラッグ風邪薬へと導いてくれます。
登録や利用するのに料金は一切かかりませんから、転職の際には是非利用したい求人転職サイトです。

 

インターネットサイトの活用で多種多様な会社を発見できる!
今までに薬剤師の会社を変わっています。

 

まず始めに、大学卒業してすぐ正社員の薬剤師仕事で眼科のクリニックの会社に勤務していました。
しかしその会社が私が入社して約3ヵ月後、経営状態が悪化し患者数も激減しました。
そのため、入社して6ヶ月で退職するにいたりました。

 

そんなに早く辞めることになると思っていなかったので、そこから薬剤師の転職・再就職活動は大変でした。
ハローワークにはお世話になりました。
眼科に勤めていた同期の女性に、退職した理由を会社都合にできることと、一般より早く失業保険を頂ける、特定離職者に該当することを教えてもらいました。そこからしばらくは失業保険をもらいつつ、活動しておりました。

 

ハローワークの薬剤師求人はもちろんのこと、マイナビ薬剤師転職、リクナビ薬剤師、リクナビ派遣、enジャパン、はたらこねっと等、主にインターネットの薬剤師求人サイトを活用していました。雇用形態は正社員・契約社員・派遣社員で探しておりました。

 

一年を通して、3月と7月ごろが薬剤師求人数が多く、種類も豊富な気がしました。
私は「薬剤師」の職種でほぼ絞って探していたため、なかなか数に限りがありました。タイミングが合わずに掲載が終わっていたこともありました。
「職種:薬剤師」と書かれた求人には、業界はこだわらず、ほぼ全てエントリー(応募)しました。
応募の後、担当者から電話やメールで連絡が来る形が多いです。中にはいくら待っても連絡がない企業もありましたので、志望が高い薬剤師求人の時には自分から連絡してお尋ねしておりました。
担当者からの連絡が来た後、書類選考、もしくはそのまま面接の日時を決めて来訪等、色々ありました。
派遣のお仕事の場合は、即日スタートの会社が多いため、3日後には面談をして企業様と対面します。
面談では、気になる点や質問をあらかじめ考えておき、3つほど質問するようにしていました。
面談の後は職場見学もあり実際働いている環境がうかがえます。
そこで何か違うなと感じれば、たとえ薬剤師企業様から気に入ってもらえても辞退しておりました。やはり働く環境は大事です。
仕事内容も、薬剤師求人には書かれていない業務や、内容が違うことなども多々ありました。
そのあたりもしっかり見るようにして、薬剤師会社選びをしています。